いくら健康だ、健康だと思っていても年齢と共に確実に体は老いていくもの。そんなアナタにもバルデナフィルはしっかりと効いてくれます。

バルデナフィルを服用によっての心拍数への影響

バルデナフィルは、勃起不全の治療薬として使用されている成分であり、Levitraという商品名で提供されています。PDE-5の酵素活性を阻害することにより、陰茎の海綿体平滑筋の緊張をやわらげて血液の流れを良化することにより、勃起を促進させるという内容です。ただし、機械的に反応するのではなく、性的な刺激がきっかけとなります。

2003年にドイツの製薬メーカーにより発表されたもので、日本でも翌2004年に認可されています。ED治療薬のパイオニアであるバイアグラとの相違点は、食事による影響を受けにくいということです。これにより、必ずしも空腹時に使用する必要がないので、身体への負担が軽減されます。これは、性行為前の栄養補給が可能だからであり、体力がいたずらに消耗してしまうことが抑制されます。

さらに、バルデナフィルは、バイアグラと比較すると即効性と持続性の両方において優れた内容となっており、特に即効性では現在開発されているED治療薬の中では最高の評価を得ています。この為に、勝負どころでの使用に対応できる内容です。さらに、安全性においてもバイアグラの問題点が改善されています。

バイアグラは、心拍数の乱れを整える作用を持つ塩酸amiodarone製剤との併用は禁止されています。これは、血圧が急激に変動することにより、鼓動を乱してしまう危険があるからです。これに対して、バルデナフィルの場合はこの薬との併用は特に禁止されていません。

ただし、下半身の血管を拡張して血流量を増加させるということは、バイアグラと基本的に同じです。つまり、血圧は急激に変化すrので、心拍数にも影響を及ぼす可能性があります。この為に、心臓や心血管に問題がある場合は、使用することは禁止されています。